縁起-test

梅照院の由来

鎌倉末期に一人の沙門(僧)が、行脚の途中に訪れた新井の里にて、緑豊か、水豊か、心豊かな人々に感銘を受け、草庵を結びました。清水の湧き出る新井の地で草庵は沙門と共にひっそりと佇んでおりました。
ある時から、夜毎、草庵のある地の梅の古木が光り輝く現象が起こりました。
怪訝に思った新井の地の郷士と沙門により梅の古木を調べると、二仏一体のご尊像が梅の古木の中より現れました。
天正14年(1586年)3月21日の出来事です。
その後、ご尊像を祀るため御堂を建立したのが梅照院のはじまりです。

不思議な出来事とともに出現したご尊像(梅照院ご本尊・二仏一体の薬師如来・如意輪観音)の世間の評判は、江戸幕府二代将軍秀忠公の耳にも届きました。秀忠公の第五子・和子の方(後の東福門院)が重篤な眼病を患い、祈願のためこの地を訪れます。この地の清水に触れ、祈願をしたところ、眼病が寛解しました。東福門院和子に奇跡が起きたことから「目の薬師」と呼ばれるようになります。
当院第五世玄鏡が如来の啓示を受け、優れた小児薬を調合しました。多くの子供たちを救ったことから「子育て薬師」として呼ばれるようになります。
この二つの記録文学から「目の薬師」「子育て薬師」として今日まで篤く信仰されております。

梅照院のご本尊

●ご本尊
梅照院(ばいしょういん)のご本尊は薬師如来と如意輪観音の二仏一体のご尊像です。
国内でも非常に稀なご尊像となります。ご尊像は秘仏である為、御開帳は寅年に限り行われます。